秋元康総合プロデュースの2次元アイドルグループ「22/7」が初の朗読劇!メンバーの肉声を初披露

「22/7」

(c)Aniplex Inc.

 

秋元康が総合プロデュースする2次元デジタルアイドルグループ「22/7」(ななぶんのにじゅうに)が4月21日、都内某所で自身初となる朗読劇を開催する。

秋元康とアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズが手がける同グループ。メンバー8人のキャラクターデザインは、アニメ界屈指のクリエイター8人がそれぞれ1人のキャラクターを担当し、総勢1万325通もの応募の中からオーディションで選ばれた声優が声を担当する。

初めて「22/7」の肉声を聴くことのできる朗読劇となっており、どのような形で行われるのかは発表されていない。声優の最終オーディションが行われた昨年12月24日から約3カ月、日々レッスンを重ねてきた「22/7」メンバー達の真価が問われる日になるという。

また、オフィシャルホームページで22/7の新しいアーティストロゴが発表されたほか、メンバー11名のプロフィールも公開されている。

メンバーの帆風千春(ほかぜ・ちはる)は「初めて今回の朗読劇のお話を伺った時、ただただ嬉しい気持ちでいっぱいでした。朗読劇ということで、22/7の声優としての私達を感じて頂けるイベントにしたいと考えています。皆様に楽しんで頂けるように、メンバー全員ひとりひとりが、一生懸命に日々のレッスンに取り組んでいます!22/7の新しい一歩を、よろしくお願いします!」と朗読劇への意気込みを語っている。

朗読劇には抽選で100人を招待。「22/7」オフィシャルホームページで応募受付を行っており、締切は4月10日11時59分。

 

▼リンク

22/7(ナナブンノニジュウニ)公式ホームページ

http://www.nanabunnonijyuuni.com/

キーワード