13年の時を経て「ゼロの使い魔」完結!青山と秋葉原で記念イラスト展開催

「ゼロの使い魔」完結記念展

 

「ゼロの使い魔」シリーズの最終巻発売を記念し青山と秋葉原で3月25日〜4月23日、同作イラストを担当してきた兎塚エイジのイラスト展が開催される。

2004年にMF文庫Jより刊行開始し、故ヤマグチノボルの遺したプロットを元に描かれた最終巻が2月24日に発売された同作。4度にわたりTVアニメ化もされた人気作で、兎塚エイジがこれまでに描いた「ゼロの使い魔」に関わる500点以上の全てのイラストを完全収録した画集「Finale ゼロの使い魔コンプリートイラストコレクション 兎塚エイジ アートワークス」が3月25日発売予定。

青山の会場のGoFa (Gallery of Fantastic art)で開催する「Grande Finale 〜『ゼロの使い魔』完結記念展〜」では、原作イラスト複製原画や、グッズイラスト、DVDパッケージイラスト、アニメ用イラストほか多数のイラストを公開予定。記念グッズ販売や、コラボカフェも実施し、4月2日には兎塚エイジのサイン会も予定する。

秋葉原の会場である東京アニメセンターで行う「『ゼロの使い魔』シリーズ完結記念 原作イラスト展」では、原作カバーイラスト複製原画、口絵イラスト複製原画などを展示予定。

 

「ゼロの使い魔」シリーズ最終巻発売

 

▼リンク

ゼロの使い魔 公式サイト

http://www.zero-tsukaima.com/

GoFa (Gallery of Fantastic art)

http://www.gofa.co.jp/art/170325_zeroma/

東京アニメセンター

http://animecenter.jp/

キーワード