「東京アニメアワードフェスティバル」オープニング作品決定!「この世界の片隅に」特別上映も

「ひるね姫~知らないワタシの物語~」

(c)2017ひるね姫製作委員会

 

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2017(TAAF2017)」のオープニング作品やコンペティション部門ノミネート作品が発表、2月1日からプログラムチケットの発売が開始された。

東京アニメアワードフェスティバル実行委員会及び日本動画協会がアニメーション作品の振興を目的に開催する同イベント。池袋をメイン会場に3月10日〜13日に開催する。

「TAAF2017」オープニング作品には、3月18日公開の「ひるね姫~知らないワタシの物語~」が決定。上映後には監督の神山健治氏が登壇し、トークショーも実施。さらに「神山健治特集上映」も開催する。

コンペティション部門には52の国と地域より、671作品の応募があり、昨年の応募数を上回ったという。その中から長編4作品、短編34作品を選出。長編・短編共に、日本ではなかなか見ることのできない、貴重な作品をノミネートしたという。

長編のコンペティションノミネート作品一覧は「エイプリルと奇妙な世界/英題:April and Extraordinary World」(105分/フランス)、「ズッキーニと呼ばれて/英題:My Life as a Courgette」(66分/スイス)、「手を失くした少女/英題:The Girl Without Hands」(76分/フランス)、「バッドキャット/英題:Bad Cat」(85分/トルコ)。短編作品一覧はホームページで確認できる。

また、「第90回キネマ旬報ベスト・テン」で2016年の日本映画の作品賞を受賞した「この世界の片隅に」の特別上映会も決定。当日は片渕須直監督も登壇しアニメーションにかける想いなどを語るという。

 

「この世界の片隅に」

(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

▼リンク

「東京アニメアワードフェスティバル2017」

https://animefestival.jp/ja/

キーワード