茨城県赤十字血液センターが『ガールズ&パンツァー』献血キャンペーンをスタート

各献血ルームに展示されているキャラクター等身大パネル。訪れたら是非とも記念撮影したい。

 

人気アニメ『ガールズ&パンツァー』の一風変わったコラボ企画が注目を集めている。

『ガールズ&パンツァー』、通称『ガルパン』は、戦車を使った武道「戦車道」に青春をかける女子高生の姿を描き、アニメファンはもちろんミリタリーファンからの人気も集めている深夜アニメ作品。2012年から2013年にかけて放送された後、2015年には劇場版が公開されロングラン・ヒットを記録した。

以前から舞台となった茨城県東茨城郡大洗町で行われるイベント、さらには地元企業とのタイアップなどを行ってきた『ガルパン』だが、中でも茨城県の名物であり、冬に旬を迎える深海魚・アンコウを堪能するイベント『大洗あんこう祭』とのコラボレーションは大変な人気だ。今年11月に開催された第20回大洗あんこう祭には、人口1万8千人の町に10万人ものファンが来場して話題となった。

そんな『ガルパン』が、ここ数年にわたって毎年行っているコラボのお相手は、なんと茨城県赤十字血液センター。この企画は、冬季の献血者確保と400mL献血推進を目的としたもので、キャンペーン期間中は茨城県内の各献血ルームにキャラクターの等身大パネルを展示。400mL献血を行うと『ガルパン』の記念品が送られる。

茨城県赤十字血液センターによれば、人間の血液は、たとえ血液型が同じでも微妙に違っているため、多くの献血者の血液を混ぜて輸血すると副作用発生の可能性が高まるのだとか。400mL献血は200mL献血に比べて献血量が多いことから、より少ない献血者からの輸血を可能にし、安全性を向上させるのだそうだ。

キャンペーン期間は、2016年12月1日(木)から2017年1月31日(火)まで。なお記念品が無くなり次第終了となる。この年末年始は聖地巡礼のついでに献血で社会貢献してみては。

※海外から入国・帰国した方は4週間が経過しないと献血にご協力いただくことができないので、念のためご承知ください。

第6弾となる今回は、新たなデザインのオリジナルクリアファイル(2種類)と、ノベルティノート(B5サイズ)が登場。しかしプレゼントされるのは2点のみ。コンプリートを目指すには、非ガルパンファンの同伴者が必要かも?

 

▼リンク

茨城県赤十字血液センターHP の特設ページ

http://ibaraki.bc.jrc.or.jp/go/important/2016-1122-1538- 9.html

 

『ガールズ&パンツァー』公式サイト

http://girls-und-panzer.jp/

 

 

キーワード