京まふ今年も開催!コラボビジュアル第1弾に「リゼロ」など

コラボビジュアル

(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会 (C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV

 

京都で9月15日・16日、西日本最大級のマンガ・アニメのイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2018(京まふ)」が開催される。

日本の伝統の代表都市「京都」と日本の新文化の「マンガ・アニメ」がコラボし毎年行っている同イベント。人気マンガ・アニメとのコラボグッズやフードなど、京都ならではのマンガ・アニメイベントとなっている。

2017年には過去最多となる81社が出展し3万4,058人が来場。今年は、ステージイベントだけではなく、グッズ販売や人気作品とのコラボフード・ドリンク販売など様々な施策を実施し、昨年より更に発展させた内容で展開するという。

「人気作品と京都の名所とのコラボビジュアル」を今年も実施。第1弾として「『PEACE MAKER 鐵』×八坂の塔」「『Re:ゼロから始める異世界生活』×東寺」「『ルパン三世 PART5』×旧嵯峨御所 大本山 大覚寺」の3作品のコラボビジュアルを発表した。第2弾は6月に発表予定。

会場は、出展エリアや様々な主催者施策が集まる「みやこめっせ」、事前抽選制ステージの会場で新作アニメの発表や、ライブイベントなどを行う「ロームシアター京都」、企画展やファミリー向けイベントが開催される「京都国際マンガミュージアム」の3つ。

自由観覧型ステージ、京都の企業などが開発したアニメ・マンガのオリジナルグッズを販売する「京まふショップ」、伝統工芸体験工房、マンガ・アニメコラボの「キャラカフェ」、コスプレエリア、マンガ・アニメの特別企画展、マンガ出張編集部、京都国際漫画賞なども展開。

開催時間は9時〜17時(16日は16時まで)。当日券は1,500円

 

▼リンク

公式ホームページ

http://kyomaf.kyoto

キーワード