「あしたのジョー」原案のオリジナルアニメ「メガロボクス」2018年TV放送!連載開始50周年で

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

 

トムス・エンタテインメントは2018年春から、「あしたのジョー」を原案としたオリジナルアニメーション「メガロボクス」をTV放送開始する。

「あしたのジョー」誕生から50周年を迎える2018年に連載開始50周年プロジェクトを始動。「あしたのジョー」(原作:高森朝雄(梶原一騎)、ちばてつや)は、「週刊少年マガジン」(講談社)で1968年1月1日号から連載され、単行本の累計発行部数は2,000万部を突破。アニメーションや実写映画化もされた漫画作品。

「メガロボクス」は、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命に挑むため、自分の全てを賭けてリングで闘う姿を描く熱いオリジナルストーリー。放送に向けて、ティザービジュアルも解禁された。

監督・コンセプトデザインには森山洋(TVアニメ「進撃の巨人」ビジュアルコンセプト)が就任。シリーズ構成・脚本に真辺克彦、小嶋健作を起用し、音楽は、国内外で活躍するアーティスト・mabanuaが担当。アニメーション制作は、アニメ「あしたのジョー2」の制作も手掛けたトムスが行う。

ちばてつやさんは「メガロボクス」製作について、「『あしたのジョー』が来年連載開始から50年を迎えることになりました。まだ若くて元気だった梶原さんとボクは、ジョーや力石達、登場人物に負けないくらい毎回真剣勝負で、夢中になって作品に向き合ってきました。あとに真っ白な灰しか残らないくらい、一途に何かを追い求める。どれだけ時代を経ても色あせない人間ドラマがあるとすれば、そんな姿勢にこそ共感が宿るんじゃないかな、と思います。連載開始50周年というこの機会に、さまざまな企画が準備されていると聞いています。あらためて長い間愛される作品に関われたことを誇りに思うと同時に、何よりもまずジョーを愛し続けてくださった、ファンの皆さんに感謝の気持ちで一杯です。新作アニメ『メガロボクス』は、そんな『あしたのジョー』を愛してくださっているスタッフの皆さんが魂をこめて制作してくださっています。今の時代にふさわしい、全く新しい切り口の、でもどこかに普遍の核がある、骨の太い作品になるんじゃないかな、と、今から楽しみにしているんです」とコメントしている。

 

▼リンク

あしたのジョー50周年公式サイト

http://joe-50th.com/

TVアニメ「メガロボクス」公式サイト

http://megalobox.com/

キーワード