「練馬アニメカーニバル」今年も開催!「この世界の片隅に」「昭和元禄落語心中」のステージなど

「練馬アニメカーニバル2017」

 

東京・練馬駅北口周辺で10月14日・15日、「練馬アニメカーニバル2017」が開催される。

練馬区にとって重要な産業であるアニメーションを、より深く、楽しく、身近に感じてもらうことを目的にさまざまな企画を展開。「ジャパンアニメーション発祥の地」と呼ばれる練馬区ならではのイベントを行うという。

今年のテーマは「アニメ作品がもう一歩面白くなる2日間」。アニメーション作品の中に活きる技術や、制作に参加するクリエイターの思いなどを知り、作品がさらに面白くなるイベントを目指す。

「『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。」ステージでは、原作者・雲田はるこさん、アニメで有楽亭八雲役を演じた石田彰さん、落語家の立川志らく師匠、立川志ら乃師匠の4人が登場。トークや、アニメ「昭和元禄落語心中」の中から厳選した1本を上映を行うほか、立川流真打・立川志ら乃師匠による落語も予定する。

「映画『この世界の片隅に』大ヒット感謝祭」では、公開から約1年を記念したトークイベントを開催。練馬区内にある日本大学芸術学部出身で、同校で講師を務める同作監督の片渕須直さんや、真木プロデューサー、径子役・尾身美詞さんが登壇する。

「『タツノコプロ55周年祭』スペシャルステージ」では、関連作品の上映や、関係者によるトークなどを実施。

「神谷明と大地丙太郎の勝手にプロジェクト」では、プロジェクト第1弾作品の「ロボットくノ一女かげちゃん」PV上映や、声優の神谷明さんと大地丙太郎監督によるトークショーを実施。

「練馬アニメーションサイト」で展開中のコンテンツ「練馬にいた!アニメの巨人たち」をライブイベントや、JAZZユニット「ALL THAT JAZZ」によるアニメJAZZライブ 、吉本興業所属の若手芸人によるアニメお笑いステージも実施。

TVアニメ「薄桜鬼」「薄桜鬼 碧血録」のオープニングテーマを歌うアーティスト・吉岡亜衣加さんによるライブステージも予定。

アニメーション業界のビジネス専門誌「アニメビジエンス」によるシンポジウムや、「手塚治虫文化賞 受賞作家サイン入りパネル展」、そのほかステージコンテンツ関連作品の展示、アニメ作品上映、コラボ屋台なども。

一部プログラムは事前チケットを発行し、申込受付期間は10月1日24時まで。開催時間は11時〜18時30分(予定)。入場無料。

 

「この世界の片隅に」

「昭和元禄落語心中」

「ロボットくノ一女かげちゃん」

 

▼リンク

「練馬アニメカーニバル2017」

http://animation-nerima.jp/event/carnival/

キーワード