初音ミクや手塚作品が琳派や若冲などとコラボ!京都高島屋で展覧会、35作品展示

「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」

illustration by iXima(c) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

(c)手塚プロダクション

(c)細見美術館

 

京都高島屋7階グランドホール(京都市下京区)で9月13日〜25日、展覧会「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」が開催される。

琳派や若冲など日本画の世界と、鉄腕アトム・初音ミク・リラックマなど現代の人気キャラクターを融合させた、京都の絵師による肉筆画35点を一堂に展示。

作品の製作は2015年にスタート。京都で各種染織製品の製作・販売を手がける「豊和堂」のアートディレクター・山田晋也氏が、「マンガやアニメも、戯画や絵巻など日本古来の絵画の流れを受けているともいえる。では、そのマンガやアニメを琳派の手法で描くとどうなるだろうか?」と考え、琳派へのオマージュ作品を企画したのが始まり。

細見美術館館長・細見良行氏監修のもと製作され、2015年秋に京都国際マンガミュージアムで開催された「琳派オマージュ展」などで展示された。

今回の展示では2015 年に発表された作品から、若冲の作品に着想を得て今年制作された初公開の新作まで登場。作品のキャラクターは、「鉄腕アトム」「火の鳥」「ブラック・ジャック」「リラックマ」「初音ミク」など。

9月13日の11時と14時には、細見美術館館長・細見良行氏によるトークショーも予定する。

 

▼リンク

「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」

http://toyowado.com/rinne/

キーワード